膝の痛みの治し方:東京都中央区勝どきのアクティベータ治療院:銀座/東京/丸の内/汐どめ/新橋/豊洲/築地/豊海/月島/門前仲町/晴海3km圏内。 整体とは違うアクティベータ・メソッドで腰痛/肩コリ/膝の痛み/五十肩/目の奥の痛を解決


パソコン表示用.png

勝どきカイロプラクティック_TOP.jpg

メニュー.png

初めての方へ.jpgメニュースペイサー.png施術者.jpg

施術方法.jpgメニュースペイサー.png料金.jpg

場所.jpgメニュースペイサー.png予約.jpg

勝どきの腰痛治療.jpgスペース.png勝どきの膝の痛みの治療.jpgスペース.png勝どきの肩こり治療.jpg

1青950.jpg

TOP1枚目950.png

メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
間違った説明930.png

メニュースペイサー.png

薬やシップやヒアルロン酸930.png
どこに行けばいいのか?930.png
笑顔をありがとうございます930.jpg

2青950.jpg

メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
TOP3枚目930.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
痛いところが原因ではない930.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
TOP4枚目930.png
メニュースペイサー.png

3青950.jpg

バランスを整える.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png
ウサイン・ボルト アクティベータ930.png

メニュースペイサー.png
メニュースペイサー.png

カラダが変化して改善900.jpg

アクティベーター詳細はこちら

4青950.jpg

ご挨拶930.png

勝どきカイロプラクティックの
5つの特徴

見出し1.jpg

見出し1-1.gif

日本には多くの「カイロプラクティック」を掲げている施術院があります。それは国内に法整備が整っていないからです。国際的にはWHOが策定した4200時間以上に及ぶ基礎医学や専門教育を受け、承認された修了者のみがカイロプラクターとして施術を行うことを許されています。日本においては上記の教育を終えた正規のカイロプラクターは限られた人数しかおりません。

見出し2.jpg

見出し2-1.gif

アクティベータ・メソッドは、1967年にアメリカで誕生したカイロプラクティックのテクニックの一つで、40年以上にわたり海外で多くの人々の健康ケアに携わってきました。アクティベータ・メソッドの最大の特徴は病院・接骨院・整体院マッサージでは行えない、関節の神経系に対してアプローチできることです。 →詳細はこちら

見出し3.jpg

見出し3-1.gif

病院では画像診断等で異常がなければ、痛み止めのお薬や湿布等を処方されて治療が終了します。しかし、このような治療で腰痛や肩こり、膝痛が改善するものでしょうか?
画像診断でヘルニアが存在していれば、または、関節に異常があれば、その所見を「原因」だと特定し、高齢の方には「歳だから仕方がない」という言い方をすることもあります。私は可能な限り、このような治療は受けたくはありません。どのような状態であれ、筋骨格系の症状であれば現状より症状を軽減する方法は必ずあると信じています。

症状改善のためにどこに通うべきかお困りの方、勝どきカイロプラクティック オフィスを選択肢の一つに選んで頂けましたら幸いです。

見出し4.jpg

見出し4-1.gif

病院では診断の際に、どうしても「目で見ることができるもの」が原因特定の基準となってしまいます。X線、MRI、触診等。しかし、人間には「情動(怒り、悲しみ、不安等)」いうものが存在し、脳・神経機能に「誤作動」を生じさせることがあります。そして、自分ではストレスと感じていないことも、カラダにはストレスとしてして現れてしまい、カラダの神経的なバランスを乱してしまうことがあります。このような「緊張パターン」を「リラックスパターン」に切り替えることも、慢性症状の改善には必要となってくるケースがあります。

見出し5_新.jpg

見出し5-1.gif

これから来院頂けるかもしれない方に、正直にお伝えしたいことがあります。それは、長年悩まされている慢性的な症状は施術だけでは決して改善できません。これは紛れもない事実なのです。肩こりは「肩が自然と『こって』しまった」ではなく、「自分が肩を『こらせて』しまった」が正しい認識です。よって、その場しのぎのコリ感緩和が目的ではなく肩こりを感じないカラダを目指すならば、どうしてもご自身の生活習慣の見直しや「アクティブ・ケア」が必要となります。その点もアドバイスさせて頂きます。

スポーツ選手において自己が抱える慢性的な症状はトレーニングや実際のプレイにとって大きな足枷となります。特に膝の症状は、外傷で患部を痛めていない限り、「体幹の不安定性」が原因だと考えられます。「体幹が安定した状態でプレーする」この大前提が障害予防となり、パフォーマンスUPを実現します。スポーツ障害に対してはアクティベータ・メソッドによる治療にプラスして、グラストン・テクニックを用いた筋膜リリース、キネシオテーピングを用いたコンディション・ケアも行います。

ページの先頭へ