勝どきカイロプラクティックのロゴ

◆東京都 中央区 大江戸線勝どき駅 徒歩2分 月島//晴海/豊洲/築地近辺の方々が来院される整体院。


まず“腕の動き” について考えてみましょう




肩甲骨の重要性について
普段の生活でなにげなく使っている腕、スポーツや演技、ダンス、演奏などで意識して使っている腕。常に我々は腕を動かしています。では、みなさんはカラダのどこからが「腕」だと認識して動かしていますか?左の写真のように肩からさきが腕なのでしょうか?


プカプカ浮いてる肩甲骨



みなさん「肩甲骨」という骨が背中に2つあるのはご存じですか?腕の骨と鎖骨と呼ばれる骨と連結している三角の形をした平べったい骨です。それが「プカプカ浮いてる」の?
もちろんこれは比喩なのですが、肩甲骨という骨は胸郭と呼ばれる心臓や肺などをおさめる肋骨で囲まれた鳥かごみたいなものと、背中の筋肉の間に存在しています。そして下図の矢印の関節(肩鎖関節)一点で体幹と接続しているとてもユニークな骨なのです。

肩甲骨の説明


また、肩甲骨には多くの筋肉が付着しており、その数なんと16個。腕を動かすのに重要な筋肉はほとんど付着しています。どうしてこんなに多くの筋肉が肩甲骨には付着しているのでしょうか?そして、どうしてあんなに弱々しい関節一点で体幹と接続している
のでしょうか?





働きモノの肩甲骨



肩甲骨はとても働きモノなのです。
肩甲骨の重要な役割は大きく2つです。

 ①ガッチリ安定して、腕の動きをサポートする作用
 ②腕の可動域を最大限引き出す作用

つまり、腕の動きの「静」と「動」をしっかりサポートしてあげているのが肩甲骨の役割なのです。たくさんの筋肉が付着しているのは、しっかり固定されるべき場面でその役割を果たすため。関節一点でしか体幹と接続していないのは、より大きな動きができるようにするためと考えられます。

では、この働きモノの肩甲骨が仕事を怠けてしまうとどうなるか・・・






肩コリ解消には肩甲骨の動きがとっても重要です!



肩甲骨と腕は一緒に動いています
実は、肩甲骨は腕(上腕骨)の動きに伴い、決まったルールに従って動きを合わせます。これを 「肩甲上腕リズム」と呼びます。一般的にこの動きは我々が自分でコントロールできるものではなく、自然と
その動きをします。
つまり、このリズムに沿って肩甲骨が動くことが正しい腕の使い方なのです。もし肩甲骨が「動」の仕事を怠けてしまうと、腕そのものを動かしている筋肉に負担が掛かってしまいます。今まで電動自転車に乗ってスーイスイ、ラクちんで坂をのぼっていたのに、急に電池が切れてしまった感じになってしまいます。ここまで極端ではありませんが、肩甲骨の機能がすこーしずつ、少しずつ低下していくと、肩まわりの筋群に少しずつ負担をかけていくことになってしまいます。よって肩コリでお悩みの方は肩甲骨の機能を改善してあげることがとっても重要なのです。

「健康増進」、「健康維持」の為にランニングを始めたけれども、走るとなぜか肩が凝る、なんだか腕が重だるくなってしまうという方が結構いらっしゃいます。この場合も、もしかしたら肩甲骨がしっかりと動いていない状態で腕を前後に振っているために、肩回りに負担が生じてしまっているのかもしれません。




「腕は肩甲骨から」と意識してみましょう



ちょっとした意識の違いでカラダの使い方が変わりますよ!

さて、冒頭にありました、 みなさんはカラダのどこからが「腕」 だと 認識して 動かしていますか? という質問に戻ります。

もうおわかりですね。正解は「肩甲骨」からです。
肩コリでお悩みの方は、ほんの少しだけでも肩甲骨を意識してみてください。下図のように肩からさきを腕と考えるのではなく、もう少し背骨の近くから腕が生えているイメージです。

腕をこの線から意識しちゃだめですよ!
肩甲骨ごと腕と意識しましょう!
すると腕の動きがよりダイナミックになりますよ!


肩コリ、五十肩などの症状の原因は多種多様で様々な理由が挙げられますが、当院では、必ず肩甲骨の動きを検査させて頂きます。そして、肩甲骨に付着している筋群、その筋群を支配している神経、腕の動きに関与する関節、筋膜の癒着等を考慮して施術をすすめていきます。


ページの先頭へ

ページトップへ

初めて来院される方へ
 
営業日と予約方法
 
良好なバランスが重要です
 
質問と回答
 
アクティベータ療法について
 
グラストン筋膜リリース
 
椎間板ヘルニアが原因の腰痛
 
膝の痛みの治し方
 
肩こりについて
 
産後の骨盤矯正はとても重要です
 
カイロプラクティックのリハビリテーションとは
 
アンチエイジング
 
キネシオテーピング
 
患者さんの笑顔
 
 
勝どきカイロプラクティックオフィスのメニュー
ページの先頭へ