勝どきカイロプラクティックのロゴ

◆東京都 中央区 大江戸線勝どき駅 徒歩2分 月島//晴海/豊洲/築地近辺の方々が来院される整体院。

ボール無しでの骨盤傾斜(仰向け)




腰椎の位置を正すのが目的。この運動で腰痛予防

まずボールを使う前に骨盤を意識して動かせるようになりましょう。

骨盤の後傾≫
仰向けの状態で、骨盤全体を図のように後ろに回転させます。腰を床に押し付けるように意識するとやりやすい。5秒程保持してリラックス。10回程ゆっくり繰り返す。



骨盤の前傾≫
仰向けの状態で、骨盤全体を図のように前に回転させます。腰が床から浮くのを感じることができます。5秒程保持して、リラックスします。10回程ゆっくり繰り返す。


ボール無しでの骨盤傾斜(四つん這い)



まずボールを使う前に骨盤を意識して動かせるようになりましょう。



これらの運動は「腰を丸める」、「腰を反らす」ことが目的でありません。骨盤を意識して動かした結果、「腰が丸まった」、「腰が反った」というイメージが大事です。



この骨盤の前傾運動で腰に痛みが出現する場合は無理をしないでください。その場合は、回転の度合いを調節してください。


ボールの上で骨盤傾斜

ボール上でバランスをとりながら骨盤を動かす。




←→

骨盤の後傾ではボールを前方に転がすようにする(右のイラスト)
骨盤の前傾ではボールを後方に転がすようにする(左のイラスト)


次に応用です。骨盤を横方向に傾斜させてみましょう!両手を開いて肩の高さまで上げます。骨盤も可能な限り水平状態をキープします。




この動作の間、上半身をなるべく中心軸に残して股関節を左右にシフト。そして両肩は水平キープ。側方へのシフトによって一方の肩が下がらないようにしてください。左右の往復で1回として、10回程ゆっくり行います。





初めて来院される方へ
 
営業日と予約方法
 
良好なバランスが重要です
 
質問と回答
 
アクティベータ療法について
 
グラストン筋膜リリース
 
椎間板ヘルニアが原因の腰痛
 
膝の痛みの治し方
 
肩こりについて
 
産後の骨盤矯正はとても重要です
 
カイロプラクティックのリハビリテーションとは
 
アンチエイジング
 
キネシオテーピング
 
患者さんの笑顔
 
勝どきカイロプラクティックオフィスのメニュー
ページの先頭へ